銀行カードローンを比較する場合の注意点について紹介しています。

銀行カードローン比較の注意点

銀行カードローンと多重債務

カードを利用した消費社会が広まったことにより、キャッシングカードやローンカードを持ち歩く人も増えています。

現在では、現金を持たずに買い物が出来る便利な社会になったことで、その恩恵を誰もが受けられるようになりました。

しかし、現金を持たないでも欲しい物が手に入れられることは、自分の資金力以上に物が手に入れられることになります。

「ただより高い物は無い」といった諺がありますが、まさに欲しい物が無料で手に入れられるような、美味しい話は世の中にありません。

ローンカードを利用して購入した代金は、あくまで現金払いではなく、後払いに過ぎないからです。

従ってカードローン等の普及は、ついつい欲しい物を自分の資金力以上に購入してしまったことで、返済が出来なくなる人を生み出す社会も作ってしまいました。


更に、返済が滞った為に、また新たな金融機関のカードローンを手にするなど、複数のカードローンを利用するリスクを犯す人の増加にも繋がっています。

その結果として複数のカードローンの返済が滞ってしまう、多重債務へと陥ってしまいかねません。

返済の終わりが見えなくなってしまう借金地獄を味わうことにもなり兼ねません。

残念ながら、年間およそ10万件にもなる自己破産が、発生している事実もあります。

特に、カードローンが主婦や学生といった層にまで広まったことで、特に多重債務者に陥る人が増えることにもなりました。

多重債務に陥る人は、自己意志の弱い人に多いといわれていることから、自分自身を制御できる強い意思を持つことが求められます。